副業で最も成功しているコンサルタントとコーチに共通するもの3

前回のブログの続き

5.自由に動ける時間を空けておくこと:

手帳の隅から隅まで、アポやMTG、その他の業務でビッチリと埋めておくことも、ビジネスを成功させる一つのやり方かもしれない。

一方で、成功者の多くは1日の予定のうち、1〜2コマは自由に動ける時間を設けていることも事実。

その時間を用意することで、新しい戦略を練る時間を確保することもできる。また、その時間を使って業界のトレンドやレポートをチェックし、時代の波に乗り遅れないよう情報収集をすることもできる。もちろん、こうした時間を利用して自己啓発的な投資の時間を作り出すこともできる。

こうしたアイドル時間は、会社の全体像を思い描き、会社やライバルの状況を把握し、将来の布石を打つ、あるいはその優先順位を付けるための時間に持ってこい。

また、こうした空き時間を作っておかないと、予定が重なって、ダブルブッキング的な状態になってしまうことも多くなる。一方で、空き時間を確保することで、将来的な計画を立てる時間もでき、結果として、ビジネス拡大に対してゆったりと構えることができるようになる。

6.権限を委任すること:
もし、成功者と同じようなパフォーマンスを仕事で残したいと思うのであれば、あなたの仕事は、あなたが特異なことだけに絞るべき。

一方で、あなたが好まない仕事や、あなた以外の人でもできる仕事は、社員に任せるか、外注するべき。

特に、副業でネットビジネスをし始めた段階だと、それが転売だろうがアフィリエイトだろうが、その全てを一人で何もかもやろうとしてしまう人が非常に多い。

そのため、かえって仕事の効率は悪くなり、ビジネス自体の成長も滞ってしまうということ。

会社が成長するにつれ、どこかのタイミングで必ず新しいフェーズにビジネスが入っていく瞬間がある。そうなったら、 あなたでなくてもできる、スタッフやアシスタントに任せておくべき仕事がたくさんあることに気付くべきだということ。

人に任せて、第三者に権限を譲れるようになれば、あなたにしかできない、本当に重要な仕事が自由にできるようになる。

この辺り、副業Q&Aにも詳しく書いてあるけど、時給100万円の仕事と時給800円の仕事を同じ人がやれば、当然ですが売上の伸びる規模は下がる。時間もどんどん足りなくなるため、労働自体もキツいものになっていってしまう。

7.時間の効率化に集中して取り組む:
日々の業務をチェックして、大幅に時間を食っている仕事は何かを把握すること。その後、そういった無駄な時間を削減するための計画を立てること。

例えば、 緊急性のあるメールが来る予定がないときは、頻繁なE-mailチェックはやめること。特定の時間を決めて、メールの処理をするようにすること。

それだけで、メールのせいで気が散ることも無くなる。今やっている仕事に集中でき、時間も確保できるようになる。

利益をさらに上げるためには、あくせく働くのではなく、スマートな働き方をしなければならない。

今、副業で望むような成果を上げることができていないのであれば、物事に対して、ちょっと別のアプローチをする必要がある。

毎日の仕事のルーティーンにこういった7つの習慣をとり入れれば、もっと効率的に仕事ができる。より少ない時間でより多くの仕事が自由にできるようになる。

もちろん、副業で本業を上回るくらいしっかり稼いで、ビジネスを始めたときに求めていた経済的な自由や、時間的自由を手に入れることができる。

Continue Reading